春のタイヤ履き替え《スタッドレスタイヤのままだと危ない!》

もう少しで、寒い季節も終わりを告げ、
いよいよ日本列島は桜前線の
北上と共に本格的な春を
迎えそうですよね~(^^♪

車にも、冬タイヤから夏タイヤへ交換する
大事な時期がやってきます。

交換するのが面倒だから…と
考えるのはとても危険な事なんです!
冬タイヤと夏タイヤでは担う役割が
違うため、季節を越えて使用し
続けると色々な弊害を
生むことになるので注意しましょう。

『スタッドレスタイヤを履き続けると・・・』

寒い冬、凍結した路面や積雪路で
威力を発揮してくれるスタッドレスタイヤは
気温の低い場所でグリップ力を
発揮するように設計されています。

では「暖かくなったらもっとグリップするのでは…

と考えがちですが、路面の温度帯が上がると、
スタッドレスタイヤは性能を発揮できません。

柔らかなトレッド面は剛性を保てず
乗り心地や操縦安定性、制動性能に
悪影響を与えてしまうのです(-_-;)
また、気温が高くなる季節での
スタッドレスタイヤの使用は燃費にも
大きな影響を及ぼし、燃費を
著しく悪化させてしまうので
注意してください。

又、スタッドレスタイヤって、
案外『うるさい』と
ドライブ中に感じませんか?
溝が多いので、乾燥路面を走っていると
『ペタペタベタ..』って音が気になりませんか?
冬の車内での会話は、
無意識に声が大きくなっている気もします…

尚且つ、高速道路等で、車線変更する際
など、スタッドレスタイヤだと、なんとなく
『ぐにゃ~』って、柔らかい感触が
ありませんか???(・・?

雪の路面で走る事を目的として
スタッドレスタイヤは作られているので
雪が無いときは、やっぱり夏タイヤで
走行した方が、安定感がありますよね~
しかも、これって燃費にも少なからず
影響する傾向にあります。

抵抗力が多くなると、その分
タイヤを回転させる力が必要で
エンジンに負担が掛かるんです。
燃費に影響するのも
これで理解できますよね(^^;)

タイヤはシーズンの役割を終えたら、
速やかに交換するのがベストです。
ですので、安全性、燃費、快適性を
守るためにも、雪道を走ることが無くなったら
夏タイヤに交換することをおすすめします(^O^)/

『タイヤを履き替えよう』

夏タイヤに交換するには

・自分で交換する

・専門店に依頼する

って方法があると思います。

当店では、事前予約制となっております。

作業予約は交換作業希望日の
10日前までにご予約ください。

 予約は便利な、WEBから24時間
いつでも、受付しております。
詳しくは、店舗ホームページを
ご覧ください。

お電話での予約の場合は
フリーコール
0800-111-2055
受付対応時間:AM10:30~PM5:30
でも、受付しております。


『履き替えたスタッドレスの保管方法って・・(・・?)』

タイヤは、ご存じの通り
『ゴム製品』です。
紫外線を浴びる場所や
高温多湿の環境下で保存していると
置いているだけで、タイヤの需要を
縮めてしまいます(+o+)

出来るだけ、日光を避けて
出来るだけ、乾燥しやすい状態で
保管する事をお薦めします。

『どうやって~タイヤって置いておくのが良いのか』

床や地面に直接タイヤを置かない方が良いです!!
何故なら・・・
タイヤをそのまま置いてしまうと、床の接地部分に
湿気がたまって、ゴムの劣化や、カビの発生の
原因にも繋がります(+o+)
尚且つ、長期間、タイヤを床に置いてしまうと
タイヤに含まれる、様々な薬品が染み出てくることで
床に、タイヤの跡が付いてしまうこともあります(◎_◎;)

綺麗な、ご自宅の床等を汚したく
ないですよね~(^^;)

『タイヤは縦?横?置き方はどっち?』

一番簡単に保管するのは、タイヤを
横にして、積み上げる方法です。

特に、ホイール付きで保管する際
この方法が良いです!!

何故なら、ホイール付きだと、タイヤと
ホイールの重さが加わり、案外
重いですよね(^^;)

その状態で、仮に縦で置いてしまうと
重みがタイヤと床の設置している部分に
集中してしまい、タイヤが変形して
しまうリスクがあります(^^;)

反面、ホイールが付いていない状態
保管する際は、『縦』置きがお勧めです。


何故なら、ホイールが付いていない状態で
横に重ねて積んでしまうと、ホイールが無い事で
タイヤの側面に負担が掛かってしまいます。

専用のタイヤラックも販売されていいますので
うまく活用できると、いいですよね(^O^)/

あと!!忘れてはいけないのが

『掃除』

です!!
がんばって、雪道を走ってくれた
タイヤに感謝の気持ちをもって(^^;)
綺麗にしてあげましょう~

実は、これって大事な事なんです!!
綺麗になるだけではなく、『錆の防止』にも
繋がります!

雪国では、道路が凍結しない様に
塩化カルシウム』を撒いているって、
聞いた事ありませんか~

これって、文字の通り、塩が含まれていて
錆びの原因になります。
汚れを落とすと同時に、タイヤに付着した
塩カリも落として、保存状態を
良くしましょう(^O^)/

あと、ホイールの裏側って
車に装着されている状態では
中々、掃除できないので、この機会を
利用して、来シーズンの装着の時
気持ちよく、装着できるようにしましょう~


『でも・・・保管ってめんどくさい(・。・; )

タイヤの履き替えの度に、家からタイヤを
運び出して、車に積んで・・・・
交換が終わったら、今度は、履き替えた
タイヤを自宅に戻して・・・
案外、腰にきます・・・(^^;)

しかも、マンションとかでは、
エレベーターに積んで運んだり、
又、ベランダにタイヤが置いていると
案外、邪魔ではありませんか(^^;)

戸建ての場合、自宅の前に
保管する事もあると思いますが
心配毎も多くあります。

一つは、
盗難対策です。
置いておいて、気づいたら
保管していたタイヤが無い!!(゚Д゚;)
って、シャレになりませんよね( `―´)ノ

もう一つ!
災害対策です。
タイヤって、石油製品で
引火すると、燃えやすいんです・・・
マンションでも、戸建てでも
安全にタイヤを保管する事が
求められますよね~

そんな時は、
『タイヤ保管サービス』
で、解決できます(^O^)/

当店ではシーズンオフで使用しない
タイヤを、専用の倉庫で大事に
お客様のタイヤをお預かりいたします。

詳しくは、店舗のホームページで
紹介していますので、保管方法の
選択肢の一つとして、ご検討ください(^O^)/

2020年1月14日